東京メトロの一日乗車券への取り組みがとっても素晴らしい!3大企画を紹介

東京メトロ一日乗車券

東京メトロの一日乗車券がとっても素晴らしいのです!こちらの画像に記載されていますように、有効期限がなんと24時間となっているのです。

今回は、乗り鉄ダイスキ大城あしか(@417ena)が、東京メトロの一日乗車券への取り組みが素晴らしいと思う3つの理由をまとめました。

スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



東京メトロ24時間券

3大企画のトップバッターはこちら!なんと、東京メトロ一日乗車券が昨年から24時間券となってパワーアップしていたのです。

他の鉄道会社さんも見習って欲しい、これが真の一日乗車券だ!

リリースは去年ですので、今更感があって申し訳ありません。東京メトロの24時間券は本当におトクなので紹介しています!

今度のゴールデンウイークで東京へ遊びにくる予定の方は、ぜひチェックして欲しいです。

たとえば、夜間の新幹線で東京駅に着き、東京メトロに乗ってホテルへ向かうとしましょう。その場合24時間券を購入しておくと、翌日の夜まで使えるのです。

東京に着いた時の移動代と翌日遊びに行く交通費が安く抑えることができるため、おすすめです。

購入方法と使い方

磁気乗車券を当日券は券売機、前売り券は東京メトロ定期券売り場(一部の売り場を除く)で購入します。

前売り券はデザインが印刷されていますので、使用済み券を記念にもっておきたい場合はこちらを購入することをおすすめします。

ただ、定期券売り場はすべての駅にありません。例えば、初日は券売機で24時間券を購入し、2日目は前売り券を購入するという感じで、ご都合に合わせて選択してください。

使い方は、購入後に初めて改札機に24時間券を通してから、24時間後まで使うことができます。

【前売り券】
発売日から6か月以内の1日において、使用開始から24時間に限り有効【当日券】
発売日において、使用開始から24時間に限り有効
(購入当日の終電までにご利用のない場合は無効となります。)

実は値下げしていた!

申し訳ないついでに!

さらに一昨年の情報となりますが、実は東京メトロの一日乗車券は710円から600円に値下げしていたのです。

東京メトロの一日乗車券(24時間券)は「乗客ファースト」のお得な乗車券です。

メトロ&ぐるっとパス

2つ目の企画は、4月1日に発売が開始となりました「メトロ&ぐるっとパス2017」です。

都内 77 か所の施設に加え、今回より神奈川・ 千葉・埼玉の各1か所の施設を追加した合計 80 か所の美術館、博物館、動物園、水族園、植物園 の入場券または割引券がつづられた、便利でお得なチケットブックです。

引用 2017年ニュースリリース|東京メトロ

購入方法

  1. 東京メトロ定期券うりば (7:40〜20:00)
    ※ 中野、西船橋および副都心線渋谷では発売いたしません。
    ※ 霞ケ関の定期券うりばは、土曜、日曜、祝日、振替休日は休みです。
  2. 地下鉄博物館 (10:00〜17:00)
    ※ 休館日…毎週月曜(祝日・振替休日となる場合その翌日)年末年始(12月30日〜1月3日)

東京メトロPASMO1日乗車券

3大企画ラストはこちら!

今まで磁気乗車券しかラインナップがなかった一日乗車券がPASMOで利用することができるようになりました。

この取り組みはPASMO事業者で初の取り組みとなります。

東京メトロPASMO1日乗車券のメリット

東京メトロからその他の鉄道会社に乗り換えをする際に、乗り越し分の精算をおこなうことなく改札機を通過する際にチャージ残高から自動的に精算することができます。

24時間券は東京メトロから他社線に乗り換えする際は、精算機や窓口で乗り越し分を精算する必要がありました。

東京メトロPASMO1日乗車券を利用することで、他社線にスムーズな乗り換えができるようになります。

ただし、磁気乗車券と違って有効期限は24時間ではなく購入日に限りますので注意が必要です。

こちらは、普段からPASMOを利用している、首都圏在住の利用者向けサービスという感じでしょうか。

その他のお得な乗車券

おまけにその他のお得な乗車券をご紹介します。

東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券

4/1(土)から大人1,000円が900円、小児500円が450円に値下げされて発売となりました。

こちらも従来の磁気乗車券と、こちらも「記名PASMO」が発売されます。

東京フリーきっぷ

こちらは東京メトロ、東京都交通局に、東京23区内のJRの快速を含む普通列車が乗り放題となるフリーきっぷです。

JR東日本の特別企画乗車券「おトクなきっぷ」をご紹介します。フリーエリアが乗り放題になるきっぷや往復割引、回数券、フリーパスなど条件を指定して検索できます。

まとめ

東京メトロの一日乗車券への取り組みがとっても素晴らしい!3大企画を紹介しました。

24時間券は本当に画期的な取り組みで、使用開始から24時間が有効期限となりますので、日をまたいで使用することができます。

24時間券と東京メトロPASMO1日乗車券は、必要に応じて使い分けると便利です。

ゴールデンウイークは都営地下鉄も一日乗り放題となる、共通一日乗車券やJRも乗れる東京フリーきっぷも含めて、東京メトロのお得なきっぷで東京を楽しんでください!

東京メトロの一日乗車券への取り組みがとっても素晴らしい!3大企画を紹介
この記事をお届けした
ヨイナイイナの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



ヨイナイイナ-記事内広告



この記事をシェアする

フォローする