名刺はフリーランサーの武器になる!作っておくと急な取材依頼にも安心です

プラスチックケースに入った名刺

もしあなたがフリーランサーになって、これから仕事をしていくのであれば名刺を作ることをおすすめします。

ビジネスをおこなうために、名刺は仕事道具であると同時に持っているだけで心強い武器となります。

名刺は人と人とを繋ぐツールとしてはもちろんのこと、急な取材を依頼された際にも慌てることがなくて安心して臨むことができます。

スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



名刺をおすすめする理由

営業などの外回りに行くことがないので、名刺は必要ないと思っていませんか。そうですね、今は必要がないかもしれません。

しかし今後、仕事の幅を広げたいと思った時に、そこから名刺を作っているようでは遅いのではないかと思うんです。

『備えあれば憂いなし』

と言うと大げさですが、名刺を作っておいていつ舞い込んで来るかもわからない新しい仕事を迎え入れることができる準備を万端にしておきたい。

そのような考え方や心構えをしておくことにより、新しい仕事の依頼をいただくことができるのではないでしょうか。

名刺で印象に違いがでる

ビジネスシーンやネットで知り合った人とオフの場で初めて会う時に、相手から名刺をいただくかもしれません。

その時に、名刺がないとちょっと失礼な感じがしませんか。

実際、私もあいさつの際に名刺を渡して相手から「名刺がないんです」と言われると、少しテンションが下がります。

もちろん、様々な理由があるでしょうから、責めているわけではありません。ただ、間違いなくあいさつ時の印象が良くなるということはないでしょう。

その反面、名刺から会話が弾むことも考えられます。

デザインが素敵である、記載内容に特徴がある場合もそうですが、名前ひとつでも会話のタネになることもあります。

名刺に必要な項目

名刺に必要となる項目ですが、「どのような用途で使うのか」ということが決め手となります。

肩書き

あなたがライターとして活動するのであれば、「ライター」「フリーライター」でよいでしょう。

フリーランスとして枠にとらわれない仕事をしたいなら、屋号を入れて肩書きに「代表」と入れておくことをおすすめします。

そのことで、相手に安心を与えることができ少し大きな仕事を任せてもらえる可能性が出てきます。

ひとりオフィスで仕事をしていたとしても、代表には変わりません。しかし、質問には正直に答えましょうね。

屋号を入れる場合

屋号を入れる場合、このオフィス(あなた)は何ができるんだろうと思われがちです。自分ができることを名刺に記載しておきましょう。

できればオモテ面が良いと思いますが、ウラ面でも構いません。

名前

私はライターネームを名刺に入れました。

しっかりとした名刺にしたいという場合は、本名とライターネームの両方を記載するのも良いでしょう。

住所や電話番号

こちらは個人情報となり、SOHOで働いている方は自宅の住所や電話番号を記載することをためらう方もいるでしょう。

ただ、住所や電話番号が入っていない名刺だと、信用性に欠けるという意見もちらほら聞かれます。

私は、住所も電話番号も入れずにSNS(Twitter)とブログのURLだけを記載しています。フリーランサーとして自分の身は自分で守る必要があります。

企業から仕事をいただく際に「業務委託契約書」を取り交わす場合があります。その際はもちろん住所と電話番号を記載します。

このように、個人情報は必要に応じて開示していくことが賢明かと思います。

オンライン印刷を利用する

私がいままで利用したオンライン印刷会社でおすすめのショップが3件あります。それぞれ特徴がありますので、順番にご紹介します。

ラクスル

ラクスルはサービスを利用したユーザーさんと、タレントのやりとりが印象的なテレビCMで知られている会社です。

名刺は100枚500円から作成することができ、送料を入れると最安値で705円(税込)で作ることができます。

納期によって価格が決まっていて、最安値で注文した場合はクロネコヤマトのクロネコDM便で7営業日後の発送となります。

こちらは登録をすると、500円クーポンがもらえますので、初回は205円で名刺を作成することができておトクです。

リンク 激安名刺印刷ならラクスル|新規会員登録で500円クーポンプレゼント!

プリントネット

プリントネットは、名刺が100枚470円(税込)で作成することができます。発送はゆうメールのポスト投函で3営業日後に発送をおこなっています。

また、ポイント制度がありまして発注ごとにポイントが貯まります。名刺作成時にポイントを使うことができます。

リンク 激安印刷なら通販【プリントネット】

メガプリント

メガプリントの名刺作成最安値は、100枚550円(税込)で作成が可能です(要会員登録)。

受付完了後2営業日で発送となります。クロネコヤマトのネコポスを利用していますので、急いでいる方はプリントネットがおすすめです。

初回の注文時に限り、100枚無料でキャンペーンをおこなっています。ふとっぱらです!

リンク 名刺100枚初回限定無料キャンペーン| 印刷通販【メガプリント】

3社の比較

オンライン印刷会社3件を比較してレビューにまとめました。

3社共に無料サンプルを用意しています。まずはサンプルを取り寄せて比較をして、その後に初回特典を使ってそれぞれ一度注文してみてはいかがでしょうか。

3社に注文しても、さほど予算はかかりません。お気軽に試してみてください。

発送

◎メガプリント
○プリントネット
△ラクスル

メガプリントは送料最安値の選択肢がネコポスとなっていますので、基本的には発送日の翌日に商品が手元に届きます。

また、取引先やお客様へ納品する際に利用することができる、発送代行サービスを無料でおこなっていて仕事で使う際に便利です。

ただ、プリントネットは印刷機の稼働状況によって、3営業日が早まることがあります。早期発送をしてくれた時はプリントネットが最速発送となります。

発送代行サービスが無料であるメガプリントを僅差で二重丸にしました。

ラクスルは最安値で発注すると、納品まで注文日から10日間くらいを要します。急いでいない時は良いのですが、遅いなあというイメージは否めません。

もちろん、予算をかけて早い仕上がりの依頼をすれば納品日は縮まります。最安値で発注した時のことを考えるとラクスルは3着となります。

印刷の質

◎メガプリント
○ラクスル
△プリントネット

メガプリントはオフセット印刷で作成しますので、高品質で仕上がります。他の2社はオンデマンド印刷です。

これは私の感覚ですが、同じマット紙220kgで注文するとラクスルが使用している紙の方が良質ではないかと感じました。

ただし、プリントネットの印刷と紙質が悪いという訳ではありませんので誤解なきようにお願いします。

納品されるケース

◎ラクスル
○メガプリント、プリントネット

ラクスルはこのようなプラスチックのケースに入って納品されます。

プラスチックケースに入った名刺

メガプリントとプリントネットは紙のケースに入っています。

オトク度

◎プリントネット
○メガプリント、ラクスル

オトク度はポイント制度がある、プリントネットに軍配を上げました。

メガプリントとラクスルも初回のサービスを考えるとオトクですが、リピートする場合はプリントネットのポイント制度は最高のサービスです。

まとめ

今回は、名刺はフリーランサーの武器になる!作っておくと急な取材依頼にも安心と題してまとめてみました。

名刺を作ると、人が集まる場所へ足を運んで素敵な仕事の縁に出会うきっかけを持つことになります。

極端な話、名刺にはライターネームとブログのURLだけの記載でも良いと思います。何より、ライターとして仕事をやっていくぞ!という心意気が違ってきます。

名刺は剣よりも強し!(いろいろと違う)

名刺はフリーランサーの武器になる!作っておくと急な取材依頼にも安心です
この記事をお届けした
ヨイナイイナの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



ヨイナイイナ-記事内広告



この記事をシェアする

フォローする