Kindleオーナーライブラリの特典で読んだKindle本の3作品

Kindle

Amazonプライム会員の特典で、Kindle本が毎月1冊無料になります。せっかくなので加入してから毎月Kindleで本を読んでいます。

プライム会員に加入してから3冊の本を読みました。今回はその3作品を紹介します。

スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



Kindleオーナーライブラリ

Kindle本(電子書籍)が毎月1冊無料で読むことができる特典のことを、Kindleオーナーライブラリといいます。

利用条件はAmazonプライム会員かつ、Kindle端末を持っていることです。

読了した3作品を紹介

それでは、Kindleオーナーライブラリの特典で読んだKindle本の3作品を紹介します。

あなたのままで奇跡を起こす! 思考選びの実験

著者は都築まきこ(@happy2maki)さん。

この作品は女性向けに書かれていますが、男性が読んでも参考となる部分は多々ありました。

基本となる考え方はナポレオン・ヒル著の「思考は現実化する」の実践から著者の都築まきこさんの体験から成り立っています。

「自分の思考と言葉や行動を選ぶ」ことで、望む未来を引き寄せること。を本筋のテーマとしてストーリーが展開されます。

難しい言葉などは使わずに日常の生活や日々起こることを題材としていますので、読みやすい内容となっています。

「Chikirinの日記」の育て方

社会派ブログ「chikirinの日記」を書いている、ちきりん(@InsideCHIKIRIN)さんのKindle本。

私がちきりんさんを知ったのは、ITmediaのコラムでした。

この「ちきりんの社会派で行こう!」を会社員時代によく読んでいました。

最終記事の「ちょこっと稼ぐ」から始めようは、私地震が会社に雇われる生き方を見直すきっかけにもなりました。

ITmediaを通じて、ちきりんさんの記事に触れていたのでKindleオーナーライブラリで「chikirinの日記」の育て方を見付けた時は即ダウンロードしました。

ブログを停滞させていた時でしたので、ちきりんさんのブログの運営日記である本作品は非常に励みになりましたし、とても参考になりました。

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ! ―脳の電気発射を止める魔法の言葉―

心理カウンセラーの大嶋信頼先生の著書です。

「尊敬」をキーワードに特徴的な遺伝子のスイッチをオフにして、本来の自分を取り戻そう。という内容がテーマとなっています。

自己啓発や宗教といった類の「師を敬え」という理由の答えがそこにはありました。尊敬することで個性的な遺伝子を還元して一体感を得て自由になる。

自由を得ることは「あるがままの自分を受け入れて、自分に言い聞かせながら生きる」という結果を得るためではありません。

以前から求めていたことが手に入れられる、夢だと思っていたことが現実になるといった方向性を得ることでした。

大嶋先生の元を訪れる相談者の事例に対して、一貫して遺伝子の還元を提案し、実践していく内容は少々食傷気味に感じてしまうかもしれません。

しかし、本を読み進めていき最後には「あっ、なるほど」と腑に落ちるためには必要な事例の数々だったのでしょう。

もし人とは違った個性にしがみついて、うまくいかないと悩んでいることがあるのなら本書を手にとってみることをオススメします。

まとめ

Kindleオーナーライブラリの特典で読んだKindle本の3作品を紹介しました。

Kindleオーナーライブラリは月1冊のKindle本を無料で読むことができるのですが、手元のKindleに本を残すことはできません。

「月に1冊本を借りることができる」という感覚で、読み終わったら利用終了の処理をおこなうことで翌月にまた新しい本が読めるようになります。

Amazonプライムの加入とKindle端末を購入すると、月1冊Kindle本が無料で読むことができますので、コスパ抜群のサービスとなっています。

リンクAmazonプライム【30日間の無料体験】

プライム会員限定でKindleが4,000円OFFで買えます!

この制度の特徴を活かして、「毎月1冊は本を読む」という目標を立てています。現在4冊目となるKindle本を読んでいますので、読了したらまたレポートを書きます。

Kindleオーナーライブラリの特典で読んだKindle本の3作品
この記事をお届けした
ヨイナイイナの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
ヨイナイイナ-記事内広告



ヨイナイイナ-記事内広告



この記事をシェアする

フォローする